ケアマネージャー

kyotaku_title

 居宅介護支援事業(介護予防支援事業)

kyotaku001

ケアマネージャー(介護支援専門員)が、介護サービスを利用するご本人、家族の意向をうかがい、サービスを提供する市町村、居宅介護支援事業者などと連絡を取りながら、本人に合ったケアプランを作成いたします。
要介護者やご家族が何について困っているのか、どのようにしたら解決できるのかを的確に判断したうえで、必要とされるプランを組み立てます。
利用者の方が要介護状態になられた場合でも、できるだけ居宅で自立した日常生活が送れるように配慮いたします。

介護予防・相談センター

kyotaku002

在宅で介護を必要とするお年寄りとお世話されているご家族を対象に、24時間体制でアドバイスを行います。
日常生活に支障をお持ちの方(身体虚弱、寝たきり、認知症等)を抱えているご家族のため、在宅での介護がしやすいように保険・福祉サービスの申請手続きをはじめ、身のまわりの介護方法、介護用品の紹介、介護機器の選び方などに対する指導・助言などを行います(無料)。介護保険についてはもちろんのこと、在宅介護をされている方の相談窓口として気軽にご利用ください。
「ケアプラン作成」についても気軽にご相談ください。

介護サービスを受けるまでの手順

①②⑥⑦⑧の部分は、原交会福祉会がお手伝いいたします。

①申請書の提出
 本人または家族が市町村の介護保険窓口で申請します。
②訪問調査
 調査員がご家族へうけがい、心身の状況をお尋ねします。
③かかりつけの医者の意見書、市町村の指定医の診断
 かかりつけの医師に意見を求めます。かかりつけ医がいない場合、市町村の指定医の診断を受けることになります。
④審査判定
 保健・医療・福祉の専門家による「介護認定審査会」にて、訪問調査の結果とかかりつけの医師の意見書をもとに、介護の必要度を総合的に審査・判定します。
⑤認定結果の通知
 要介護・要支援の認定を文書にて通知されます。判定は自立、要支援、要介護1~5に分かれます。
⑥介護サービス計画(ケアプラン)作成依頼
 介護が必要と認定された場合、介護サービス計画(ケアプラン)の作成を依頼します。
⑦介護サービス計画(ケアプラン)
 決定
⑧介護サービス開始
 原交会福祉会がケアプランに基づき、サービスの手配を行います。